デジモンアドベンチャー
dejimon-adventure

日記

デジタルワールドとデジモンの設定『デジモンアドベンチャー』

デジモンアドベンチャーについての詳細な情報を以下にてご用意しました。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/デジモンアドベンチャーより引用>

デジタルワールドとデジモンの設定
『アドベンチャー』でのデジタルワールドは、現実世界でのコンピュータ・ネットワーク上の情報、つまりデータを元に成り立っている。しかしネット上にあるわけでも電脳空間なわけでもなく、現実世界からなんらかの作用によって流れ込んだ情報やデータが、物体として実体化する異世界である。なお、『デジモンワールド』という言い方もされるが違いはない。

製作者達(番組スタッフ)は、「デジタルという感じではなく、ちゃんと豊かな生命があるということを意識して設定する」のがコンセプトだったため、自然や生命豊かな生命となった。凶暴なデジモンや悪いデジモンがいなければ平和な世界。

デジタルワールドが現実世界と比べてどこかおかしな所があるのは、データが流れ込む時に壊れたり欠落したりしたからであり、また現実世界では単なる文字であるプログラムなどが実際に力を持ったりするからである。現実世界に比べて時間の流れが速く、現実世界での数分の間にデジタルワールドでは何日も経過する(最終回では現実世界の1分がデジタルワールドの1日だとして夏休みが終わるまでデジタルワールドに居たらどのくらいの時間があるのかを計算していた)が、アポカリモンを倒したことにより現実世界と同じ時間の流れになる。

デジタルワールドでの通貨はドルだけであり、他の通貨は使えない。レストランなどで金を使うようだ。ただし、デジタルワールドは至る所に中身の入った冷蔵庫などがあり、食料の確保には困らない。海には魚がいて、デジモン以外の生物もいるようだ。デジモン同士で捕食し合う必要はないが、種族や時と場合によっては行われている模様。

『アドベンチャー』でのデジモンは、実体化したデータのうち生き物である物の総称で、寿命を迎えるか何らかの外因で死ぬとデータに分解されデジタマに戻る。デジタマは基本的に始まりの町へと還る、ただしエンジェモンのように外傷で死ぬ事なく、過剰な力を使った反動で死ぬような場合などはその場でデジタマに戻るようだ。パタモンは一度これに乗っ取って卵に還った。

劇中で死んだホエーモンやピッコロモンなども、いつかは生まれ変わるようだ。ただし、それがいつになるのかはわからず、以前の記憶を持って生まれ変われるのかも不明。また、現実世界で死んだデジモンが始まりの町へと還ることができるかも不明である。

パートナーデジモンとは人間の子供と特殊な繋がりをもったデジモンで、彼らの心の特質の力の成長に比例して急速な進化を遂げることができる。
人間達の住む世界は、“現実世界”と称される。

現実世界に現れたデジモンは現実世界の電子機器に影響を及ぼす。特に進化の時が電子機器に与える影響がより強いようだ。個体差もあるようだが、通常は進化レベルが上昇するほど電子機器に与える影響力は強くなる模様。

『デジタルワールド』という世界自体の『歪み』は、その『歪み』があまりに大きくなると現実世界に影響を及ぼす。『歪み』はデジモンの姿をとって現れることが多いが、普通の人には見えない。『歪み』の規模が大きくなると、両世界の上空に互いの世界が逆さまに現れる。またその際に現れるデジモン達は実体を持たず、攻撃も効かないし触れると物体は結晶化してしまう。

日記

ストーリー『デジモンアドベンチャー』

デジモンアドベンチャーについての詳細な情報を以下にてご用意しました。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/デジモンアドベンチャーより引用>

ストーリー
1999年8月1日。サマーキャンプに来ていた小学生の八神太一・石田ヤマト・武之内空・泉光子郎・太刀川ミミ・城戸丈・高石タケルの7人は突然の大雪を、他の子供達から離れて祠に隠れてやり過ごしていた。そこに日本で起こるはずのないオーロラが発生、さらに謎の機械が降り注いだ。7人の子供達はその機械の謎の力で発生した大瀑布に吸い込まれ、気がつくと未知の場所にたどり着き、そこで自分達を待っていたと言う「デジタルモンスター」と名乗る謎の生物達と出会う。
そして子供達とそのパートナーデジモン達の、長くて短い一夏の冒険が始まった。

日記

ストーリーなど『デジモンアドベンチャー』

デジモンアドベンチャーについての詳細な情報を以下にてご用意しました。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/デジモンアドベンチャーより引用>

ストーリーは映画第一作の舞台(1995年)から4年後(1999年)の世界を描いている。デジタルワールドという仮想空間と現実世界の東京・お台場とを巧みにリンクさせ、さらに現代日本の社会問題も反映させた作品となっており、子供のみならず大人にも人気のあるアニメであった。名目上は太一が主役だが、選ばれし子供8人全てが主役というスタンスで作られており、ヒカリとタケル以外のデジモンの敵のKO回数は同じくらい。

映画版第一作『デジモンアドベンチャー』、2000年公開の第二作『デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』は細田守が監督を務め映像的にも高い評価を受けている。

以降の『デジモンアドベンチャー02』『デジモンテイマーズ』『デジモンフロンティア』『デジモンセイバーズ』などのデジモンアニメシリーズの土台となった作品。元祖ということもあって、デジモンシリーズの中ではもっともポピュラーな作品である。グッズ、玩具(主にデジヴァイスなど)カードゲームなどは、当時大人気であった。

当初キャラクターデザインには鳥山明の起用を予定していたが、結局実現できず、鳥山に近い絵が描けると言うことから中鶴勝祥を起用することになった。だが新作になるたびにデザインは独自性が強くなっていく。

当時、アニメディアはじめアニメ雑誌でも大きく扱われ、デジモンキャラを扱ったファンサイト・同人誌なども数多く生まれた。この人気はその後のシリーズでも根強く継続されていった。

当初、最終回で主人公達の数十年後の大人の姿を出す構想だったが、続編決定により取り消しとなった。しかしその結果、未だにファンの語り草になる感動の最終話が生まれた。

「日本のアニメ第1話&最終回ベスト100」という番組で33位に選ばれるほど評価は高い。海外でも放送されて高評価を受けており『ポケットモンスター』、『ドラゴンボール』と並ぶ海外進出に成功した日本アニメとしても有名である。また、同系番組の「外国人の選ぶ日本のアニメベスト100」という番組で10位に選ばれている。

高い商業成績から、情報番組で取り上げられたが、作家の渡辺淳一は、子供向けアニメというジャンルへの偏見から「観る価値があるんですか?」と隣のコメンテーターに尋ね、多くのファンから反感を買った。
最高視聴率:13.7%、最低視聴率:7.9%、平均視聴率:11.2%、バンダイ総玩具売上160億円。

日記

『デジモンアドベンチャー』

デジモンアドベンチャーについての詳細な情報を以下にてご用意しました。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/デジモンアドベンチャーより引用>

『デジモンアドベンチャー』は、テレビアニメ。1999年3月7日から2000年3月26日まで放映された、デジタルモンスターシリーズのテレビシリーズ第1作。ナレーションは平田広明。 1999年3月に劇場公開の東映アニメフェアの一作として製作された作品のテレビ版。

通称は「デジアド」「デジモン無印」「無印」。まれに次作デジモンアドベンチャー02と対比して「01」と呼ばれる事もあるが、これはデジモンアドベンチャーVテイマー01の事を指す場合が多い。

放送時間はフジテレビ系列で日曜朝9時〜9時半。現在はアニマックスで毎週月曜から金曜の10:00〜10:30、16:30〜17:00に放送中。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。