デジモンアドベンチャー
dejimon-adventure

日記

『デジモンセイバーズ』

デジモン関連についての詳細な情報を以下にてご用意しました。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/デジモンセイバーズより引用>

『デジモンセイバーズ』は2006年4月2日からフジテレビ系列で毎週日曜日の午前9:00〜9:30に放送中のテレビアニメ。3年ぶりとなるデジモンシリーズの第5作目。全49話予定。DVD全17巻発売予定。ナレーションは松野太紀 。通称「セイバーズ」。

『デジモンフロンティア』以来3年ぶりに再開されたアニメ・デジモンシリーズ第5作で、2007年時点でシリーズ最終作である。
前シリーズから間隔が開いたこともあり、ビジュアル面を一新、キャラクターデザインに青井小夜を起用し、主人公たちも小学生から中学生に年齢が上げられている。ストーリーも、デジモンに対抗する組織に主人公・大が入隊し、デジモンの起こす事件やデジモンを利用した事件を戦いを交えて解決するというこれまでにない路線となった。

メインスタッフ・歌手陣も一新され、前シリーズとは大きく様変わりをしている。デジタルワールドで育った野生児の人間、デジモン根絶を目論む人間との戦い等、作風も大幅に変化し、従来のシリーズよりも勢いを重視した展開になっている。
これらは新鮮さを打ち出した反面、リアリティや整合性の点で粗が目立ち、前シリーズまでの「問題を抱えた子供達の成長の物語」「現実に根ざしたリアリティの高さ」を支持するデジモンファンからは批判の声も聞かれる。

勢いを重視した作風が批判される反面で、その爽快さや痛快さ(相手が究極体であろうと、主人公の大が拳で戦おうとする等)を評価する者も多く、「戦うのはデジモンだけで子供は見ているだけ」というスタンスに対する疑問への一つの解答策を出した作品でもある。

基本的にレギュラーキャラクターはプロの声優が大半だが、タレントの新垣結衣、お笑い芸人の前田健がレギュラー出演し、他はなわ、ビックスモールン、原口あきまさもゲスト出演している。

11月5日の放送から、『デジモンアドベンチャー』〜『デジモンフロンティア』で主題歌を担当していた和田光司が、後期OPを担当することとなった。和田も自身のブログにて、暗にファンの要望の多さから今回の復帰が出来たという旨のコメントをしている。デジモンにおいてOPテーマが途中変更されるのは初のことであるが、そもそもフジテレビ日曜朝9:00〜9:30枠のアニメ作品で、1年以内にOP主題歌が途中変更するのは異例の措置である。

シリーズで初めて「アバンタイトル〜OP〜CM〜本編〜CM〜ED・次回予告」という放送形式を採用。これは前番組『金色のガッシュベル!!』の途中から採用された形式を受け継いだものである。アバンタイトルは回を重ねるごとに長くなり、本編中にCMを挟まないこともあって実質的なAパートになっている。また、サブタイトルは当初は本編開始時に表示されていたが、中盤からアバンタイトル開始時に表示されるようになった。番組のメインタイトルよりも先にサブタイトルを表示するのは日本のテレビ番組ではほとんど例が無く、極めて特異な形式と言える。
<関連ブログ>
祝☆初誕生日一緒キャラ(3月11日アニメ編)/祝☆初誕生日一緒キャラ(3月11日アニメ編)/[雑記]土日アニメ&特撮感想/英と大/天の声/久々/無印はよかった。/[デジモン]/何の意味も無く。/あにめ/初めまして
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。